サイディングの外壁塗装って?サイディングの外壁塗り替え時期・費用相場・DIYについて詳しく解説

サイディングを外壁に使用している方の中には、「外壁塗装は不要。」そう思い込んでしまっている方もいるのではないでしょうか。近頃の戸建て住宅の多くがサイディングの外壁を採用していると言われています。この記事で知ることができるのはまず、サイディングとは何か?そして、塗り替えるタイミングと塗装費用について、最後に自分で塗装できるかどうかをご説明いたします。
サイディングボードを家の外壁に採用しており、外壁塗装するかどうかを迷っている方はぜひご一読下さい。

サイディングの外壁塗装って何?

サイディングとは建物の外壁に貼りつける外壁材です。サイディングはボード(板)。工場で型を取って外壁に貼っていきます。耐水性・耐候性も高く、デザインや種類も豊富にあるのも魅力ですが……なんと言っても、工事費用が格段に安く済むのが1番の魅力と言っても良いでしょう。サイディングボードを外壁の広さに合わせてカットしてつなぎ目を埋めていくことで、外壁が完成します。経年劣化もしにくいです。

サイディングの外壁塗装は必要

サイディングは経年劣化がしにくいと言われている外壁材ではありますが、半永久的に何のメンテナンスも要らないというわけにはいきません。塗膜の劣化を放置してしまうと、雨漏りやカビ、湿気の発生、壁の内部が腐食してしまうなど大きな補修が必要となってしまう事態に陥ってしまう恐れがあります。ただし、新築時にコーティング(光触媒コーティング・無機コーティング・フッ素コーティングなど)がされている場合、年数が経っても劣化が見られないことも。無理矢理塗装してしまっても剥がれてしまう可能性がありますのでご注意下さい。

サイディングの外壁塗装に使われている素材

サイディングには、セメント質と繊維質の素材を混ぜ合わせた「窯業系サイディング」、天然の木を使った「木質系サイディング」、ステンレスやガルバリウム、アルミニウムなどの鋼板を使った「金属系サイディング」などがあります。他にも、アメリカでは主流な「樹脂系サイディング」もあります。

サイディングの外壁の耐用年数

サイディングの耐用年数は約8年です。このくらいの時間が経過すると、サイディングの劣化が目立ってくるでしょう。しかし、その外壁を塗装することによって耐用年数も変わってきます。

サイディングの外壁の塗り替え周期(サイクル)

サイディングの外壁は塗装によって耐用年数は変わりますが、塗り替えの時期は、塗料の種類にもよって多少の違いはあるものの大体10年ごとが目安です。

  • ・ アクリル系の塗料 耐用年数・約5~7年
  • ・ ウレタン系の塗料 耐用年数・約8~10年
  • ・ シリコン系の塗料 耐用年数・約10~15年
  • ・ フッ素系の塗料  耐用年数・約15~20年

サイディングの外壁の塗り替えのサイン

  • ・ 下地が見えている(塗膜が剥がれている)
  • ・ チョーキング現象が起きている
  • ・ 色がくすんできた(色あせてきた)
  • ・ 外壁がヒビ割れている

サイディングの外壁を塗り替えるサインとして、上記のことが考えられます。

下地が見えている(塗膜が剥がれている)

塗膜が剥がれているというのは、以前塗装をした家に多い現象です。剥がれを放置してしまうと、サイディングのヒビ割れや雨漏りの原因となってしまいます。

チョーキング現象が起きている

外壁に触ってみて下さい。その時、白っぽい粉が指先に付着するようならチョーキング現象が起こっていると考えておいて良いでしょう。チョーキング現象が起こるということは、塗膜が薄くなっているというサインです。

色がくすんできた(色あせてきた)

新築時・前回の塗装時よりも外壁の色がくすんできたと思ったら、塗装効果が薄くなってきていると考えて下さい。

外壁がヒビ割れている

雨水が侵入してしまう恐れがあります。

サイディングの外壁塗装の費用相場って?

塗装面積や塗料のグレードなどにもよりますが、一般的な戸建て住宅のサイディングの外壁塗装をおこなうのには100万円前後の費用がかかってくるでしょう。

  • ・ 材料費
  • ・ 人件費
  • ・ 足場代
  • ・ 諸費用

これらをまとめた金額です。塗料のグレードによっては、もっと塗装費用がかかってしまうこともあるでしょう。

サイディングの外壁塗装はDIYでできる?

自分でサイディングの外壁塗装をやってみたい。そう思う方もいますよね。答えは「できる」でしょう。ただし、サイディングを自分で塗装するのは危険を伴う作業となります。塗る場所によっては足場を組んだりしなければなりません。ごく狭い範囲で、なおかつ足場を組まなくても良い場所を塗装するのであれば、やってみるのも良いでしょう。材料については、ホームセンター・塗料屋などで入手可能です。

サイディングの外壁塗装のやり方

自分でサイディングの塗装をおこなう際の手順についてお伝えします。

  • ・ 塗装する箇所をブラシなどを使って水洗いします。この作業が必要になるのは、塗装する箇所の汚れやカビ、藻などを落とすためです。水洗いしたら、乾燥させましょう(1日程度)。
  • ・ ビニール・ガムテープなどで塗装する場所以外に付着しないように養生します。一般的にはマスカーを使います。
  • ・ 下塗りをします。この下塗りをおこなうことで、下地と上塗りの塗料との密着性を高めます。下塗りが終わったら、上塗りをします。2~3回、塗料を塗って下さい。塗り残しがないように最終チェックをおこないましょう。
  • ・ 養生を剥がしましょう。乾いた塗装によって周辺が汚れないよう注意を払って下さい。

自分でサイディングDIYするのが不安な方は外壁塗装業者に依頼しましょう

先にご紹介した方法で、サイディングの外壁のちょっとした塗装であればDIYできるでしょう。ただ、広範囲の塗装や2階部分の塗装などは、転落の恐れがあるためおすすめできません。そういう時は、信頼できる業者に頼むのが良いでしょう。

サイディングの外壁塗装は優良業者へ相談するのがおすすめです

サイディングの外壁塗装は耐用年数が長めではあるものの、塗り替えのサインが出たら放置することなく塗装をおこなう必要があります。ちょっとしたヒビ割れ程度であれば自分で塗装しよう思うかもしれません。でも、広範囲の塗装が必要な場合や自分で塗って失敗したくないということであれば、サイディングの外壁の塗装を熟知したプロに相談してみるのがおすすめです。

一覧に戻る