住まいを守る外壁塗装をし直すタイミング

なぜ外壁塗装を、やらなければならないのでしょうか?新築してから年数が経過して。或いは中古住宅を購入して。それは、外壁塗装工事は、住宅自体を「保護」する為、不可欠だからなのです。

どうして外壁塗装をしようと思い立ったか?

”何故外壁塗装を、依頼しようと思いたったのか”住宅の外壁、すべてやり直した人にお聞きすると、「外観が、なんだかみすぼらしく、あばら家の様になったから。」「汚れてきているのがわかる様になったから。」「色あせてきて、なんとも見栄えが悪い。」と等々のお声があると思います。

当然、お家の見た目がキレイになるのが大事でしょう。ですが、忘れてはならない塗装工事の本質的な目的は、建物を維持管理していくと言う「保護」なのです。外壁は、文字通り外。自然の中です。常時、日光・雨・風・寒暖差等々に晒されていますよね。塗装の種類が、どれだけ耐久性がある種のモノか?にもよるのですが、およそ10年を目安として劣化し、見た目のみならず、防水性や断熱性などが無効になってきてしまうのです。

その状態で放置プレイしますと、最悪は建物の中すなわち室内にまで水が浸入。雨漏り若しくは壁のシミになります。更に酷いと内部に入れてある断熱材や家自体の建材などを腐食していって、建物自体、耐久性が無くなり、傾きや倒壊等に成り得ます。この様な、見た目と機能の劣化から、お家を守る為のメンテナンスの一環で、塗装工事と言うモノは、一定の期間に講じなければなりません。

塗装工事を再度やるタイミングを判断するには?

外壁塗装工事は、お家を「保護」する為にしないといけないのですが、お家が外壁塗装工事をやらないといけないコンディションにあるのか?一般的には判断は難しいと思われます。では、この様なコンディションになると、外壁塗装工事をしないといけないと、判断出来る目安を挙げについてます。

劣化症状で見極める

”劣化していると判断できたら”です。これは自然ななりゆきですが、劣化がわかるようになってからの外壁塗装...では遅いとした意見があります。見て分かった時にはダメージが家の内部にまで及んでいる可能性が非常に高いからです。

  • ・ チョーキング

    雨・雪・紫外線のダメージにより生じます。触れますと、チョークみたいに白い粉が着きます。放っておくと、防水性が下がってきて、内部の構造体までも腐食していく可能性があります。

  • ・ 汚れ

    外壁のカビ・コケ等の汚れは、近くに海や川などがあって湿気の多い立地或いは日当たりの良くない北面に多いです。そうした外壁では水分がダイレクトに染み込んでしまって建物内部までも腐食していってしまいます。

  • ・ 塗膜の剥がれ

    塗装下地と仕上げ塗料の密着が良くないと生じ易いです。剥がれた所から水が入ってきて家内部の構造体が腐食します。

  • ・ ヒビ割れ(別称:クラック)

    クラックには段階が有りますが、DIYの補修の範囲はヒビの幅が0.3mm以下のヘアークラックまでです。髪の毛のように細いという意味なのですが、割れたところから水が浸入。建物内部が腐食していきます。幅1mm以上の大きいヒビ割れになってきますと、下地のみならず構造部分までも劣化している恐れがあり、もう業者に依頼しなければなりません。

築年数で見極める

再塗装工事が必要な目安は、築10年前後です。

工務店・住宅メーカー等が住宅を建てるた時の外壁塗装の殆どは、アクリル塗料/ウレタン塗料等の安くつく塗料が適用されているのです。それらの耐久年数は、なんと短ければ4年なんです。長く見積っても10年前後なのですね。それゆえ、長くても10年を経過した辺りには、塗装の役目が無くなっているものなのです。

新築より10年経てば、塗装工事のし直しを検討すべきなのです。この、築年数で見極めて塗装工事のし直し検討と言うのは外壁がダメージを受ける前に塗装のし直しが出来る、そんな印象が有りますが、海辺など劣化が進行しやすい地域では、必ずしも当てはまりません。やはり、新築してから毎年、そのコンディションを見極め、塗り直しの判断をしていった方が良いのです。

一覧に戻る